ガジェット

デスクワークのパフォーマンスを上げるために必要だと思うもの

8ヶ月ほど自宅でデスクワークをしたので、仕事のパフォーマンスを上げるためにあると良いと感じたものを書いてみる。

業務する環境に必要なものとその重要度はその業務内容によって変わるが、今回はリモートワークに限らず基本的に1日中デスクワークの方が必要だと思うだろうものを紹介したい。

具体的には下記のような業務のデスク環境を想定している。

  • デザイン
  • コーディング
  • プログラミング
  • 動画編集
  • ライティング
  • 一般事務

デスクワークのパフォーマンスを上げるためにあると良いと思うもの

下記6つがパフォーマンスに対して比較的影響の大きいものだと思う。(上から影響大だと思う順)

  • 業務に必要十分なスペックのPC
  • モニター
  • 広いデスク
  • 長時間座っても疲れにくい椅子
  • タイピングのストレスが少ないキーボード
  • ショートカットキー登録ができるマウス

業務に必要十分なスペックのPC

コンピュータが何かを処理するのを待つ時間は無駄だし業務全てに影響するので、業務に必要十分なスペックのPCは優先して準備するべきで、例えば動画編集やプログラミングをするのに必要なスペックのPCは少し高額だけど他のものにお金を使うんだったらPCに投資した方が効率は上がると思う。

逆にハイスペックすぎてもそれほどコスパは良くない。

あとは、自宅のみの使用ならデスクトップでも良いし、ちょっと持ち運びもあるならノートPCにするなどスタイルに合わせて選んでみたら良いと思う。

作業効率は数十〜数百%上がると思う。

モニター

そもそも仕事中に画面に表示しているのは主に下記の3つだった。

  1. メインの作業画面
  2. コミュニケーションアプリ
  3. ブラウザ

①について:動画編集なら動画編集ソフト、プログラミングなら開発環境ソフト、ライティングなら文書作成ソフトなど。この画面は常に表示している。

②について:slackやLINEなど。チームで仕事をする場合はこれも常に表示している。必要に応じてzoomなどの会議ソフトを表示する。

③について:業務中に調べ物をするために表示する。業務内容によって調べる頻度は異なるが、基本的に常に表示している。

上記の3つの画面を都度切り替えるのは時間の無駄なので、上記のうち少なくとも2つを常に表示することができれば良いのだが、ノートPCだけだと無理があるのでモニターが1台あるととてもはかどる。

モニター1台で作業効率は30〜50%くらい上がると思う。

もっとモニターにこだわりたい方は、モニターアームで位置を調節しやすくしたり、デュアルモニター、ウルトラワイドモニターなど業務に合わせて揃えれば良いと思う。

広いデスク

業務中にデスクに置くものは主に下記の5つだった。

  1. ノートPC
  2. モニター1台
  3. A4メモ用紙
  4. スマホ
  5. 飲み物

モニターは1台必ず置くとして、すぐにスマホの通知が見れない、すぐにメモが取れないというのは時間の無駄で、飲みたい時に飲み物が飲めないというのはストレスなのだが、逆にこの5つが置ける広さのデスクであれば今のところ問題ない。

現在ぼくが使用しているデスク(横幅120cm×奥行60cm)は上記を置くには充分な広さで快適だった。モニターを2台置いても問題なさそう。

もっとデスクにこだわりたい方は、昇降可能なデスクにしたり、L字のデスクにしたり、モニターアームやモニター用の台などでレイアウトなんかを工夫したりすると良いと思う。

長時間座っても疲れにくい椅子

1日中椅子に座っているなんて身体がおかしくなってしまうので、最も大事な資本である身体が少しでもおかしくならないように長時間座っても身体にやさしい椅子に座りたい。

例えば、ローテーブルとセットでよく置かれるソファとか、机についてきたおしゃれな椅子とかではなく、値段が安くても高さや背もたれなどがちゃんとしたデスクワーク用の椅子が良いと思う。

効率というより集中力の持久力が伸びる。

もっと椅子にこだわりたい方は、デスクワーク用の質の良い椅子はいっぱいあるので、ヘッドレストやアームレスト、各部分の調整、座り心地など好みで選んだら良いと思う。

タイピングのストレスが少ないキーボード

リモートワークにおいて、コミュニケーションはほぼチャットがメインなので、タイピングのストレスはなるべく減らしたいし、スピードはあげたい。

ノートPCの薄いキーボードより、安くても良いので外付けの押した感のあるキーボードの方がタイピングスピードは上がり、ストレスは少なくなった。

作業効率は10〜30%くらい上がると思う。

もっとキーボードにこだわりたい方は、好みの感触や必要な機能に合わせて、数万円くらいの質の良いキーボードにすると良いと思う。

ショートカットキー登録ができるマウス

そもそもトラックパッドよりもマウスの方が使いやすいとして、さらに動画編集やエクセル作業など同じ動作がある程度の量存在する場合にショートカット機能のあるマウスは有効だと思う。

1回の動作を1秒でも短縮できれば、もし1000回繰り返す動作だと1000秒節約できるのではかどる。

作業効率は10〜30%くらい上がると思う。

最後に

デスクワークを1日中行うことはおそらく本来の人間のスタイルからずれていると思うので、仕事以外の時間で運動する必要があることをすぐに感じるはず。

リモートワークで通勤がなくなると歩くことすらしなくなるので、長めの散歩をしたり自宅で筋トレするなど、健康管理をちゃんと意識しないと仕事も趣味も生活もうまくいかなくなるだろう。

デスク以外のところでも仕事のパフォーマンスを上げることはできるし、しかもたくさんあると思う。

アイキャッチ画像)Business vector created by freepik – www.freepik.com