アウトドア

【2019年版】アウトドア映画に最適!モバイルプロジェクター人気16選

アウトドア 映画

tommyです。こんにちは。

最近アウトドアで映画鑑賞なんてイベントが多くなってきましたね。

ぼくも見に行ったことありますが、かなり解放感があって気持ちが良いです。

特に音楽ライブ系の映画は盛り上がれるのでかなりおすすめです。

キャンプ好きでガジェット好きな方は、もしかしたら自分でプロジェクターを持っていってプライベートでも映画鑑賞したいとか思いますよね。ぼくは思います。

友達や家族と一緒に夜までお酒とおつまみと映画。最高です。

ということで、アウトドアで映画鑑賞をしてみたいという方向けに、おすすめのプロジェクターを紹介します。

モバイルプロジェクターを選ぶポイント

アウトドアで映画を見たいと思ったときに必要になるのがプロジェクターですが、何を基準にしてモバイルプロジェクターを選べばよいかわからない方も多いと思います。

人それぞれ少しずつ使い方やこだわるところが違うと思うので、ざっくりとプロジェクターを選ぶポイントをまとめてみました。

  • 明るさ:少し明るいところでも使いたい
  • 解像度:がっつり映画等を楽しみたい
  • サイズ:いろんなところに持ち運びたい

この3つは最低でも見ておいたほうが良いでしょう。

また、連続使用可能時間に関しては、2時間以上連続使用ができるものが多いですが、それ以上使いたいという方は連続使用可能時間も要チェックです。

おそらくアウトドアならスマホもしくはタブレットの映像をモバイルプロジェクターから投影すると思うので、接続の仕方(有線or無線、ケーブルの種類など)も念のため確認しても良いかもです。

おすすめモバイルプロジェクター:低輝度

ASUS S1

スペック概要

  • 明るさ:200ルーメン
  • 解像度:WVGA854×480
  • サイズ:110.5mm×102mm×30.7mm
  • 重さ:342g

200ルーメンなので明るいところでは基本使用が難しいですが、アウトドアでの利用なら問題ないかなと思います。スピーカーもついていますし、6,000mAhのスマホバッテリーにも使えます。

ASUS ZenBeam E1 

スペック概要

  • 明るさ:150ルーメン
  • 解像度:WVGA854×480
  • サイズ:83mm×110mm×29mm
  • 重さ:307g

上記のS1よりさらに小型のモデルです。輝度が下がりますが価格もかなり下がりますし、かなり小型化していますね。こちらもスピーカーもついていますし、6,000mAhのスマホバッテリーにも使えます。

Anker Nebula Capsule

スペック概要

  • 明るさ:100ルーメン
  • 解像度:WVGA854×480
  • サイズ:123mm×68mm×68mm
  • 重さ:470g

このプロジェクターはスペックの高いスピーカーがついているのが特徴です。

おそらく映画をアウトドアで見るときはプロジェクターのほかにポータブルのスピーカーがいると思うので、それを考えるとお得ですね。デザイン賞も受賞していて見た目もかっこいい感じです。

ExquizOn R6

スペック概要

  • 明るさ:100ルーメン
  • 解像度:WVGA854×480
  • サイズ:148mm×80mm×18mm
  • 重さ:248g

サイズがかなり小さくて丸型なのが特徴です。スピーカーもついていますし、4,000mAhのスマホバッテリーにも使えます。

LG PH550G

スペック概要

  • 明るさ:500ルーメン
  • 解像度:WXGA1280×800
  • サイズ:160mm×100mm×32mm
  • 重さ:490g

この明るさと解像度でこの価格はかなり良いですね。サイズは少し大きくなりますが、機能を求めたい方はこちらが良いかもです。アクセサリーもいろいろついているみたいでお得です。

Sony MP-CD1

スペック概要

  • 明るさ:105ルーメン
  • 解像度:WVGA854×480
  • サイズ:83mm×15mm×16mm
  • 重さ:281g

ソニーからもかなり小型のモバイルプロジェクターが出ていますね。性能はかなり信頼できそうです。起動5秒とはやいのが特徴です。

 

Vamvo S1

スペック概要

  • 明るさ:100ルーメン
  • 解像度:WVGA854×480
  • サイズ:140mm×75mm×24mm
  • 重さ:272g

こちらも小さいですね。スピーカー付きですし、5000mAhのスマホバッテリーにもなります。見た目もかなりスタイリッシュです。

AODIN ミニプロジェクター

スペック概要

  • 明るさ:300ルーメン
  • 解像度:WXGA1,280×800
  • サイズ:150mm×85mm×20mm
  • 重さ:約240g

300ルーメンで解像度も高くコンパクトサイズでしかも安いです。色も2種類から選べるので良いですね。コスパ高めです。

iCODIS G2

スペック概要

  • 明るさ:200ルーメン
  • 解像度:WVGA854×480
  • サイズ:140mm×64mm×16mm
  • 重さ:約342g

見た目かっこいいですね。コスパもかなりよいです。スピーカー付きですし、4000mAhのスマホバッテリーにもなります。

フェリクロス Pico Cube A

created by Rinker
Felicross

スペック概要

  • 明るさ:100ルーメン
  • 解像度:WVGA854×480
  • サイズ:55mm×55mm×55mm
  • 重さ:172g

キューブ型の筐体で重さもかなり軽いです。2850mAhのスマホバッテリーにもなります。最大2時間雄仕様がかのうで、台形補正もしっかりしており使いやすそうです。

LG MiniBeam PH30JG

スペック概要

  • 明るさ:250ルーメン
  • 解像度:WXGA1280×800
  • サイズ:86mm×151mm×38mm
  • 重さ:490g

明るさが250ルーメンと明るく、解像度も高いです。最大4時間使用可能と長時間の利用も可能でサイズもコンパクト。かなり良いですね。

Sony LSPX-P1

スペック概要

  • 明るさ:100ルーメン
  • 解像度:1366 x 768
  • サイズ:135mm×35mm×135mm
  • 重さ:200g

このプロジェクターは超単焦点タイプのもので、映像を投影したい場所のすごく近くに置いて使用ができるという点が最大の特徴です。

壁の近くに置けるのでスペースを節約でき見た目もスタイリッシュです。

ただ、しっかりとした平面に投影しないと映像が曲がりやすいので、アウトドアではスクリーンなどちゃんと平面を用意できる場合に使用するのがおすすめです。

Sony Xperia Touch G1109

  • 明るさ:100ルーメン
  • 解像度:1366 x 768
  • サイズ:69mm×134mm×143mm
  • 重さ:932g

こちらは上記のLSPX-P1とプロジェクターの性能はほぼ同じですが、Android OSを搭載しており、アプリを入れて楽しむことができるようになっているのが特徴です。

プロジェクターとしてスマホなどから映像を投影するだけでなく、機器自体にアプリを内蔵していろいろ遊べるデザインになっています。

おすすめモバイルプロジェクター:高輝度

FunLogy FN-02

スペック概要

  • 明るさ:1000ルーメン
  • 解像度:WXGA1280×800
  • サイズ:92mm×87mm×17mm
  • 重さ:123g

かなりサイズが小さいですが、1,000ルーメンと明るいです。ちょっとこの値段なのがびっくりなくらいですね。

iCODIS RD-813

スペック概要

  • 明るさ:3000ルーメン
  • 解像度:WXGA1280×800
  • サイズ:242mm×202mm×102mm
  • 重さ:1670g

さらに明るいプロジェクターが良い方はこちらも良いですね。サイズはさらに大きくなりますが、3,000ルーメンなのでかなり明るいです。少々明るい部屋でも見れます。

という2000ルーメンのモデルもあります。

 

iOCHOW iO4

スペック概要

  • 明るさ:3000ルーメン
  • 解像度:WXGA 1280×720
  • サイズ:166mm×162mm×88mm
  • 重さ:1020g

3000ルーメンでこの価格はすごいですし、プロジェクターもかなり安くなってきているなという感じがします。

EB-1785W

スペック概要

  • 明るさ:3200ルーメン
  • 解像度:WXGA1280×800
  • サイズ:292mm×44mm×213mm
  • 重さ:1800g

エプソンはプロジェクターメーカーの中ではトップを争う優良企業ですが、このプロジェクターモデルは性能に対して特に値段が安いです。

ご紹介しているほかのプロジェクターと比べるとハイスペックな方ですが、これくらいの性能を求めている方にはかなりおすすめです。

その他必要なもの

三脚

モバイルプロジェクターを固定するために三脚があったほうが良いかなと思います。

アウトドアだと地面が平らではない、平行でないは当たり前なので、投影した映像の角度を微調整できるとすごく見やすくなります。

スマホ用すでに持っていればその三脚を代用ができるかもです。

スクリーン

アウトドアなのでテントやタオルでスクリーンの代わりにしても良いと思いますが、もっときれいに見たいという方はチェックしてみてください。

また、超単焦点プロジェクターを使う際は投影した映像が曲がりやすいので、スクリーンはあったほうが良いと思います。

最後に

天気が良ければアウトドアで映画鑑賞は最高だと思います。

アウトドアだと星も見えますし、ご飯やお酒もおいしいですし、風も気持ちいですし、ちょっと非日常感があって良きですね。

3万円程度で家族や友達とこの非日常が体験できるなら、モバイルプロジェクターを買ってしまう方も多いのではと思います。

ポータブルスピーカーも使って良い音で映画を楽しみたいという方はコチラも参考にしてみてください。

ポータブルスピーカー
【2019年版】アウトドアに最適!ポータブルスピーカー人気30選tommyです。こんにちは。 アウトドアでも音楽を聴きたいです。 とりあえず何か音楽がかかったらちょっと気分が上がって会話も...

ぜひ良い時間をお過ごしください。

ではでは。

 

 

YouTubeチャンネル
オーストラリアを夫婦で車旅しています!
日々のキャンプの様子を動画にしています!
(チャンネル登録、応援よろしくお願いします!)

【キャンプVlog】ノーザンテリトリーを車で爆走!綺麗な温泉発見!オーストラリア夫婦で車旅