アウトドア

【2019年版】アウトドアに最適!ポータブルスピーカー人気30選

ポータブルスピーカー

tommyです。こんにちは。

アウトドアでも音楽を聴きたいです。

とりあえず何か音楽がかかったらちょっと気分が上がって会話も弾みます。

スマホから流すと音質も音量もちょっと物足りないという方向けに、アウトドアに最適なポータブルスピーカーを紹介したいと思います。

ご覧ください。

ポータブルスピーカーを選ぶポイント

アウトドアに必須なアイテムになりつつあるポータブルスピーカーですが、いろいろ種類があってどれを選んでよいか悩む方も多いと思います。

そんな方向けにざっくりポイントをまとめてみました。

  • 音質:しっかり音楽を楽しみたい方向け
  • 音量:大人数でも楽しめる
  • サイズ:トレッキングなど持ち運びに便利
  • 防水性:キャンプなどでもハードに使える

基本的にワイヤレス(Bluetooth)接続ができるモデルがおすすめです。

今回はすべてワイヤレス接続可能で防水性ありのモデルをピックアップしましたので、アウトドアのスタイルに合わせて選んでみてください。

また、メーカーによって音の作り方が違うので、好きなメーカーが出てくると思います。メーカー別に分けてリストにしています。

ポータブルスピーカー【メーカー別】

BOSE製 ポータブルスピーカー

Bose SoundLink Micro Bluetooth speaker

IPX7に準拠している防水性能です。シリコン素材でできているので耐衝撃性能も備えています。超小型ですがサウンドはかなり迫力があるようで、バッテリーも6時間と長時間使うことができます。2台つなげてステレオモードにもできます。

Bose SoundLink Color Bluetooth speaker II

IPX4に準拠している防水性能。水没はアウトですが水しぶきくらいはOKというレベルです。また、こちらもシリコン素材で耐衝撃性能も備えています。このモデルはサウンドの質を追求し、さらに8時間の連続使用が可能です。

Bose SoundLink RevolveBluetooth® speaker

IPX4に準拠している防水性能。水没はアウトですが水しぶきくらいはOKというレベルです。耐衝撃性能も備えています。また、このモデルは360°にサウンドが広がるよう設計されており、サウンドの質も高いため臨場感があるようです。デザインもかっこいい感じです。12時間の連続使用が可能です。

Bose SoundLink Revolve+ Bluetooth speaker

IPX4に準拠している防水性能。水没はアウトですが水しぶきくらいはOKというレベルです。耐衝撃性能も備えています。このモデルも360°にサウンドが広がるよう設計されており、さらにサウンドの質を高めた最高モデルです。16時間の連続使用が可能です。

SONY製 ポータブルスピーカー

SONY SRS-XB01 L

IPX5に準拠している防水性能。水没はアウトですが水しぶきくらいはOKというレベルです。かなりコンパクトでストラップもついているので持ち運びも便利ですね。低音もしっかり出るようパッシブラジエータ搭載です。最長6時間の連続使用が可能です。

SONY SRS-XB10

IPX5に準拠している防水性能。低音もしっかり出るようパッシブラジエータ搭載で、よりサウンドの質重視のモデルです。最長16時間の連続使用が可能です。2台つなげてステレオモードにもできます。

SONY SRS-XB21

IPX7に準拠している防水性能で、さらにIP6Xに準拠している防塵性能なので、よりハードなアウトドア環境でも使用ができます。サウンドの質も格段にアップさせており、重低音をより強化させるEXTRA BASSモードも搭載。スピーカーの筐体がひかるライティング機能も。最長12時間の連続使用が可能です。

SONY SRS-XB31

IPX7に準拠している防水性能で、さらにIP6Xに準拠している防塵性能なので、よりハードなアウトドア環境でも使用ができます。XB21よりも音圧が大きくなり大人数でも楽しめます。スピーカーの筐体がひかるライティング機能をより強化させストロボフラッシュが搭載。最長24時間の連続使用が可能です。

SONY SRS-XB41 

IPX7に準拠している防水性能で、さらにIP6Xに準拠している防塵性能なので、よりハードなアウトドア環境でも使用ができます。XB31よりもさらに音圧が大きくなりより大人数でも楽しめます。また、ライティング機能もさらに強化されスピーカーライトが搭載。最長24時間の連続使用が可能です。

SONY SRS-XB501G

IPX7に準拠している防水性能で、さらにIP6Xに準拠している防塵性能なので、よりハードなアウトドア環境でも使用ができます。このモデルはサブウーファーを搭載しており、さらに迫力ある大音圧の重低音を実現しています。音質ももちろん良いですしライティング機能も搭載。スマートスピーカーとしても利用できます。最長24時間の連続使用が可能です。

JBL製 ポータブルスピーカー

JBL GO2

IPX7に準拠している防水性能。価格はかなりリーズナブルですが、コンパクトでデザイン性も高く、アウトドアのいろいろなシチュエーションで活躍しそうです。最長5時間の連続使用が可能です。

JBL CLIP3

IPX7に準拠している防水性能。カラビナがついていてリュックやロープにかけて使用すくことができます。耐久性にも優れた設計で、小型ながらサウンドの質もかなり高いです。最長10時間の連続使用が可能です。

JBL FLIP4

IPX7に準拠している防水性能。サウンドの質もより向上し、低音もしっかり出せるパッシブラジエータ搭載。最長12時間の連続使用が可能です。デザイン性も高く価格も手ごろでかなり人気のモデルです。

JBL CHARGE3

IPX7に準拠している防水性能。低音もしっかり出せるパッシブラジエータ搭載で、サウンドの質もさらに向上させています。最長20時間の連続使用が可能です。

JBL Xtreme 2

IPX7に準拠している防水性能。Charge3よりもよりサウンドの質を向上させたモデル。最長15時間の連続使用が可能です。

JBL BOOMBOX 

IPX7に準拠している防水性能。サウンドは最高品質で、重低音もかなりの大迫力です。大人数でも楽しめるモデル。最長24時間の連続使用が可能です。

Anker製 ポータブルスピーカー

Anker SoundCore Sport 

created by Rinker
Anker

IPX7に準拠している防水性能。コストパフォーマンスの高いモデル。最長10時間の連続使用が可能です。

Anker SoundCore 2

IPX7に準拠している防水性能。サウンドの質をより強化し低音も迫力あり。こちらもかなりコストパフォーマンス高めです。最長24時間の連続使用が可能です。

Anker SoundCore Boost

IPX5に準拠している防水性能。サウンドの質も良く、より使いやすいよう機能を搭載。最長12時間の連続使用が可能です。

Tronsmart製 ポータブルスピーカー

Tronsmart Bluetooth4.2 スピーカー

その他

Willnorn SoundPlus ポータブル Bluetooth スピーカー

IPX5に準拠している防水性能。10Wのステレオサウンド。NFC機能を搭載。前面にデジタル時計の表示あり。最長24時間の連続使用が可能です。

サンワダイレクト 400-SP073

IPX7に準拠している防水性能。8Wのモノラルサウンド。最長4時間の連続使用が可能です。

サンワダイレクト 400-SP069BK

IPX5に準拠している防水性能。6W+サブウーファーのステレオサウンド。

個人的におすすめなのはこれ

音質・防水性能・デザインなど総合的に見て個人的にはソニー製のSRS-XBシリーズがかなり好きです。

もともとソニー製のポータブルスピーカーは好きで、昔のモデルもを使っていたのですが、新モデルはやっぱりグレード上がっています。

最後に

今回は防水性のあるポータブルスピーカーをピックアップしてみました。

キャンプやトレッキング、サイクリング、ドライブなど、アウトドアライフは音楽があるとかなりグレードアップしますね。

ポータブルスピーカーは値段もかなり手ごろなのでプレゼントにもかなりおすすめです。

サイズや価格などを参考にして、アウトドアスタイルに合うものを選んでみてください。

音楽だけじゃなくアウトドアで映画も楽しみたいという方はこちらも参考にしてみてください。

アウトドア 映画
【2019年版】アウトドア映画に最適!モバイルプロジェクター人気16選tommyです。こんにちは。 最近アウトドアで映画鑑賞なんてイベントが多くなってきましたね。 ぼくも見に行ったことありますが...

ではでは。

YouTubeチャンネル
オーストラリアを夫婦で車旅しています!
日々のキャンプの様子を動画にしています!
(チャンネル登録、応援よろしくお願いします!)

【キャンプVlog】ノーザンテリトリーを車で爆走!綺麗な温泉発見!オーストラリア夫婦で車旅